大型二輪免許は一発試験と教習所のどっちで取るべきか本音で教えます

みさなんは免許を取る方法に、教習所以外の場所があることを知っていますか?

僕は学生時代、教習所に通って普通二輪免許を取得したのですが、大型二輪免許は一発試験で取得しています。

今回は元指導員が、忖度なしで効率よく大型二輪免許を取る方法を記していきます。

概要

一発試験とは

公安委員会が行う運転免許試験のことで、直接試験場に行って技能試験を受けます。普通自動車免許や普通自動二輪免許などを持っていると、学科試験が免除されるので、技能試験のみ受験となります。

一発試験の費用は全国統一で1回当たり6,100円(受験料2,600円+試験車使用料1,450円+免許証交付料2,050円)ですから、10回受けると61,000円必要です。合格すれば、取得時講習16,650円を支払ってその日に免許がもらえます。

教習所とは

ここでいう教習所とは指定自動車教習所を指します。

指定自動車教習所について詳しく知りたい方は次の記事をご確認ください。

あわせて読みたい記事

自動車教習所は、主に会社が経営していることを知っていますか?実は誰にでも開業できるんです。 今回は、全国ほとんどのひとが利用している、指定自動車教習所を設立するための方法を、みなさんにもわかるように解説をします。 指定自動車教習所と届[…]

繰り返し教習を受けた後、卒業検定に合格することで免許を受けられます。

教習所によって料金に差はありますが、MT普通二輪の免許をもっているひとは約10万円程、普通自動車免許所持の場合は約20万円、何も免許を持っていないひとの場合は約30万円の費用がかかります。

これだけ見ると、一発試験のほうがお得じゃん!
それぞれの、メリットとデメリットを教えるね

一発試験のメリットとデメリット

メリット

価格が圧倒的に安い。

たとえ10回目で合格できたとしても、教習所の半額程度の料金で免許が取れます。

デメリット

難易度が高い

教習所の卒業検定に受かるより、はるかに難しいです。

運転姿勢や通行位置の乱れなど、採点が厳しく、普通二輪の指導員が、大型二輪の練習を積んでいても、なかなか一発で受からないのが現状です。

指導員でも受からないの?
それだけ難しいということだね

一発試験には、「1回目の受験生は落とす」とか「10回分の料金は回収する」など噂がありますが定かではありません。実際に1回で受かる人も居れば、20回近く受験しているひとも居ます。

いつ免許が取れるかわからない

不合格だった場合、次の試験の再予約を取りますが、1ヶ月~2ヶ月予約が取れない場合があります。

また、一般の人はなかなか練習ができないので、運転の改善が難しく失敗を繰り返す恐れがあります。

教習所のメリットとデメリット

メリット

問題解決しやすい

指導員の正しい知識を学び、繰り返し大型二輪で練習を積むことができます。

免許の取れる日がわかる

スケジュール通りに教習をすれば、決められた日に免許を受けられることが多いです。

また、バイクを購入するなど取得後の計画も立てやすくなり、早い人だと1ヶ月以内に卒業します。

技能教習が難しいと言って、
免許を諦める人しばらく見てないよ

デメリット

費用が高い

教習料金、検定料金、事務手数料などがかかるため、お金がかかります。

一発試験と教習所のどちらを受けるべきか

普通二輪免許所持者

一発試験で免許取得

教習所で普通二輪免許を取得したばかりの人や、普通二輪を運転している人は、一発試験がおすすめです。大型二輪になると、重くなり馬力は増しますが、試験の基準がほぼ同じなので、比較的安く免許を受けられることが多いです。

教習所で免許取得

普通二輪免許を取ってから、しばらく運転経験がなく、忘れてしまっているひとは教習所がおすすめです。

また、すべての免許を一発試験で受験するひとも居ますが、正しい練習を積めていない可能性があります。

普通二輪免許を持っていない人

なるべく費用を抑えたい人

教習所で普通二輪免許を取ってから、なるべく早く(覚えているうちに)に大型二輪の一発試験を受けましょう。

確実に大型二輪免許を取りたいひと

教習所で普通二輪免許を受けたあと、すぐに大型二輪で再入校すると、料金を割引してくれる教習所も多いので、活用すると良いでしょう。

まとめ

一発試験に受からない場合、いつ受かるのかわからない不安と緊張が襲ってきます。

「前回の失敗を修正したら、今回は他の失敗を指摘された」という話はよく聞きます。

もしも不安なら、届出自動車教習所や貸しコースなど練習できる場所はありますから、活用してみましょう。

関連記事

今回は普通二輪、大型二輪の技能試験で行われる、スラロームについての記事です。 「教習生のタイム、指導員のタイムはどれくらいなのか」「すぐにタイムを縮められる2つのコツ」を解説します。 スラロームとは 普通自動二輪と大型自[…]

関連記事

普通自動二輪や大型自動二輪の技能試験には「一本橋」という課題があります。 一本橋は、補修が最も多くなる項目のひとつですが、練習次第で簡単に習得することもできます。 今回は教習で成果を上げられた、今すぐ使える攻略方法を紹介します[…]

みんなの教習所の最新情報をチェックしよう!